一覧

Coloring Book

Coloring Book

平山昌尚(アーティスト)

画用紙やボールペン、ときどきマーカーなど、身近な画材しか使わないアーティストの平山昌尚さん。これまで数々のZINEや作品集をつくってきたHIMMAこと平山さんにとって初の単行本となる本書は、「ぬりえ」の本です。色を塗ったり、線や絵を描き足したり、自由に遊べます。

本の情報

書名
Coloring Book
著者
平山昌尚
刊行日
2021年3月1日 初版第1版発行
発行元
図書印刷株式会社 BONBOOK
企画編集
櫛田理
制作
株式会社EDITHON
デザイン
佐伯亮介
造本設計
田中義久
販売協力
無印良品 MUJIBOOKS
印刷製本
図書印刷株式会社
ISBN
978-4-910462-02-8
定価
1980円(本体1800円+税)

平山昌尚

インタビュー
平山昌尚さんに聞きました

本書『Coloring Book』に登場するモチーフは何ですか?

バナナや足など、これまでに何百回も描いてきたモチーフを、「ぬりえ」らしさを意識して描き下ろしました。ベストアルバムのような一冊です。こうした絵を描くのは、小学校に入る前からずっと好きでした。いまの画風は、10年くらい前にほぼ定着しましたが、小学生の自分が描いていたものに、もっとも近いかもしれません。

お気に入りの画材は何ですか?

ペンは、Pentelの黒色サインペン。紙は、A4のコピー用紙。他にも、筆箱の中に、ポスカの黒、ボールペンの黒と青(ゼブラのニューハード)を常備しています。どこにでもある身近な画材です。好きな画材が廃番になったり、品切れしたりする心配はありません。コンビニに行けば間に合います。

いつもどんな場所で描いていますか?

描くのは、だいたい家のテーブルの上です。表面がメラニン加工された天板にアルミの足が4本ついた、普通のダイニングテーブルです。20年ほど前に無印良品で買いました。このテーブルでごはんも食べるので、描きたいときに筆箱と紙を持ってきて、描き終えたら片づけます。作品を描くのも、ごはんを食べるのも、同じテーブルです。

つるつるのテーブルの上に、マーカーとコピー用紙。ここがアトリエ。

いつ描くことが多いですか?

夜は、絵を描きません。最近は、夕方6時ごろに晩ごはんを食べて、8時過ぎにはお風呂に入って、だいたい9時30分ごろには布団に入ります。なので、描くのは夕方まで。描くときも、なるべく時間をかけないようにしています。考えない。ためらわない。素早く、一気にさっと、描き上げます。

どんな人に手にとってもらいたいですか?

単行本になるのは初めてですが、たくさんZINEをつくっていたときから、「ぬりえ」みたいな線画を描くことが多かったので、「ぬりえ」の本はずっと作りたいと思っていました。「ぬりえ」なので、手にとった方には、自由に塗ったり、描き加えたりしてもらえるとうれしいです。いつか、古本屋さんでだれかが塗った痕跡のある『Coloring Book』を見つけられたら面白いですね。

著者プロフィール

平山昌尚

ひらやま・まさなお 画用紙にボールペンやマーカーなど、身近な画材を用いて制作するアーティスト。本書は自身初の単著となる。「ぬりえ」をコンセプトに、色を塗ったり、描き足したりできる、自由に遊べる1冊として上梓。