一覧

絵本になる前の絵本

絵本になる前の絵本

荒井良二(絵本作家)

絵本作家の荒井良二さんが、自らの記憶をたよりに、会ったことのない人のなつかしい記憶を描き下ろした23枚の原画集。生まれ育った山形で体験した「夜の9 時のツィゴイネルワイゼン」や初めてバレリーナを描き下ろしたという「今日は 夕焼けのお祝い。ただそれだけ。」など、どの1枚からでも1冊の絵本が生まれてきそうな気配が漂っています。巻末には、本人のインタビューを収録。選べる3種類の表紙は初版限定。

本の情報

書名
絵本になる前の絵本
著者
荒井良二
企画構成
櫛田 理
編集
乙部恵磨
制作
株式会社EDITHON
デザイン
佐伯亮介
造本設計
田中義久
協力
小島麻貴二(マーゴ)
坂本織衣(シーモアグラス)
勝見奈穂
販売協力
無印良品 MUJIBOOKS
印刷製本
図書印刷株式会社
ISBN
表紙1/ 978-4-910462-11-0
表紙2/ 978-4-910462-12-7
表紙3/ 978-4-910462-13-4
定価
3300円(本体3000円+税)
刊行日
2022年11月1日 初版第1版発行
発行元
図書印刷株式会社 BONBOOK

荒井良二
Photo by Masako Nagano

著者プロフィール

荒井良二

あらい・りょうじ 絵本作家。1956年山形県生まれ。日本大学藝術学部美術学科を卒業後、絵本を作り始める。1999年に『なぞなぞのたび』でボローニャ国際児童文学図書展特別賞を、2005年には日本人として初めてアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞するなど、国内外で数々の絵本賞を受賞。美術館でのキューレーションから展覧会、NHK連続テレビ小説「純と愛」のオープニングイラスト、「みちのおくの芸術祭山形ビエンナーレ」の芸術監督など多方面で活動。主な絵本に『はっぴぃさん』、『ねむりひめ』、『きょうはそらにまるいつ き』、『きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ』、『こどもたちはまっている』など。日本を代表する絵本作家として知られ、海外でもその活動が注目されている。